電力の自由化で話題になったPPSとは何かを知る

電力の自由化で話題になったPPSとは何かを知る

工具

電力の自由化

以前は地域ごとに担当する電力会社が決まっており、特定の企業としか契約できませんでした。しかし近年では、地域の会社だけではなく、PPSと呼ばれる多くの電力会社の中から自分でプランを選び、契約する事ができるようになったのです。

男性

発電設備を持たない新電力会社

PPSとは地域を担当する電力会社以外で電力の小売を行なう事業者のことです。発電施設を持たない会社では、大きな工場などから余剰電力を購入し、それを販売することで経営しています。

名前がにてる電力会社IPPとの違い

IPP

IPPは自社の発電設備を使い、電力会社を対象に電力の卸売を行っています。

PPS

PPSは企業や家庭を対象に電力の小売を行っています。発電設備を持っていない企業があることもIPPとの違いとなります。

広告募集中