意識と設備で対応するオフィスビルにおける省エネ方法

意識と設備で対応するオフィスビルにおける省エネ方法

ビル

オフィスのエネルギー消費

オフィスビルのエネルギー消費力は、季節や時間帯によって異なります。照明や空調、PCなどを多くの人が使用する時間帯は消費されるエネルギーが多くなるほか、夏場などは空調の使用時間が長くなることでエネルギー消費量が増大します。

ビル

こまめな節電対応

エネルギー消費を抑えるためには、多くの人が活動している時間帯にこまめに電気を切る必要があります。使用していない部屋の照明を消すことや、冷房の温度設定など、こまめな行動で省エネを実現することができます。

ビル

省エネへの設備投資

人的なこと以外では、省エネに対し投資することも可能です。照明をLEDに変更したり、より効率的な空調機器に変更するなど、設備を入れ替えエネルギー効率をよくすることでもエネルギー消費を抑えることができるのです。

オフィスビルで可能な省エネ対策例

男女

空調管理

設定温度を適正に調整することでも省エネにつながります。ほかにも冬期は外気冷房を行なうことや残業時に稼働数を減らすことでも対策になります。

外気調整

始業時など冷暖房を起動する際は外気を取り入れないことで負荷が減らせます。ほかにも日中ブラインドを利用することでも、日光による室温の上昇を軽減できます。

照明管理

使用していない会議室や残業時、人のいないスペースの照明を消す事も省エネにつながります。

エレベータの運用台数を減らす

夜間や土日などエレベーターの運用台数を制限し、一部停止することで電力消費が抑えられます。

自販機の稼働時間を管理

自販機を設置している企業では、夜間や人の仕様が少ない時間帯に停止したり、省エネモードを搭載したものにすることでエネルギー消費が抑えられます。

広告募集中